ホスプラス [亜リン酸液肥]
ホスプラスの詳細データはこちらをクリックして下さい。

保証成分(%)
亜リン酸とは?
・リン酸から酸素原子が一つ少なくなった物でリン酸よりも水に良く溶けます。

特徴、効果
 ・ホスプラスは亜リン酸およびカリウムを含む液肥です。
 ・ホスプラスは作物にすばやく吸収され、効果に差が出ます。
 ・リン酸とカリウムが補給でき、果実肥大期や生殖生長期に特に有効です。
 ・花芽の充実、着果・結実の促進、果実の品質向上が期待出来ます。
 ・植物の病気への抵抗力を強くし、病気にかかりにくくします。

リン酸の役割、効用
 ・リン酸は窒素、カリウムと同じく植物の生育に最も必要な3大要素の一つです。
 ・リン酸は植物内でのエネルギーの生産に重要な成分で、
  細胞分裂の活発な成長点や花芽、根の先端などで多く使われます。
 ・リン酸が欠乏すると成長点の生育、根の発育、花芽の形成などが停止し、葉は下葉から黄化します。

リン酸の吸収
・植物はリン酸を主に根から吸収します。
 しかし土壌中に施肥したリン酸の一部は難溶性の状態に変化したり、
 低温期は根がリン酸を吸いにくくなるため植物内で不足してくる場合があります。
・リン酸は葉面からも吸収されますが、吸収量は少なく、
 散布したリン酸の多くは葉の表面に残って白い結晶となります。
 亜リン酸は葉からすばやく吸収されるため葉に白い結晶は残りません。

使用方法と使用上の注意
作物散布時期目的と効果希釈倍数散布回数
果菜類育苗期
開花〜収穫期
健苗育成 根群伸長
品質向上 花芽充実
1000〜1500
500〜1000
3〜4
4〜5
葉菜類育苗期
定植〜収穫期
健苗育成 根群伸長
品質向上
1000〜1500
500〜1000
3〜4
2〜3
根菜類生育初期
肥大〜収穫期
根群伸長
品質向上
750〜1000
750〜1000
2〜3
3〜4
果樹果実肥大〜収穫前品質向上750〜10002〜3
穀物類定植〜収穫期品質向上500〜10003〜4

高濃度では薬害が発生する場合があります。使用濃度に注意してください。
柑橘類への散布においては果実肥大期から収穫までの使用は避けてください。